読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【TRIDENT of the SEA】ルドロウキャッスル

2017年2月11日、アクトスペース。長野市民演劇祭、3本目。

先日、夢幻の青木さんが「入団希望者から問い合わせがあって、うちかルドロウさんで考えてるって。うちに合わないと思って断った。」

その方、ラッキー!ルドロウさんが正解!

いやぁ素晴らしいエンターテインメントでだった。長野のエンタメ劇団の筆頭は夢幻さんではなくルドロウさんだ。

歌と踊り、音と光、際立つキャラクターのストーリー。メインキャストの後のテーブルで台詞のないキャラも気を抜かず演じていた。

この劇団が市民演劇祭で、アクトスペースで打ってくれたことが嬉しい。僕は何度も泣きそうになった。

しかし素晴らしい舞台であったために、とっても残念なことがある。客だ。

ノリが悪い、では説明が付かない程、冷めた客席。あれでは演じる側のテンションに響く。
しかし客をノセるのも実力。前説後の沈黙から感じた不安が実体化してしまった。

そう思うと一つ思い出される公演がある。よしもとふるさと劇団の公演だ。
クオリティは明らかに素人のそれでルドロウさんと比べるべくもない。しかしお客のノリは抜群だった。

「前説」の差だ。お客様にどういう気分で開演を迎えさせるのか、その大切さ。それを熟知している新喜劇と、今まで地下で活動していた劇団の差。

これは僕の心にクサビを打っておく。前説、導入はめっちゃ大切。

しかしルドロウさんの素晴らしさは揺るがない。これからがとても楽しみだ。是非また地上であの世界に出逢いたい。